性別や年代に合わせた洗顔選び

洗顔を変えれば肌質も変わると言いますが、洗顔選びはツルツルの肌を目指すには大切な事です。

また性別や年代によって、合う洗顔料と言うのがあるので、肌に最適な物をそれぞれを考慮して選ぶ必要があります。

まず男性用女性用の洗顔料の効能は異なります。

男性は皮脂が多量に出るので、皮脂を落としたり押さえるための効能が入っています。

また男性は30代40代と年齢があがるにつれ、テカリも気になります。

テカリや毛穴の汚れもプラスされた洗顔料を選ぶと最適です。

女性の場合は若い世代は弱酸性など肌に優しい洗顔選びで良いですが、20代30代と年齢が上がるにつれ、カサツキや吹き出物、ハリが無くなるなど、肌の状態が変化するため、肌改善を行う洗顔を選ぶ事が大切です。

また肌に潤いが無くなると皮膚トラブルが増える事から、潤いをキープした洗顔も良いです。

ネットサイトなどに掲載されている口コミ人気ランキングでは、泥を使った洗顔や火山灰を利用した洗顔も人気があります。

泥や火山灰を原料に使用しており、毛穴に詰まったホコリや汚れを浮かせて取り除きます。

泡をモコモコと大きく泡立てるのが特徴で、肌に優しくのせるので擦りつける事無く洗えます。

またどちらも美白効果があり、洗顔を持続して行うと色が白くなります。

その他にもコラーゲン入り洗顔やノンシリコンの洗顔、無添加洗顔・固形洗顔など豊富にあるので、肌に合わせた洗顔選びが重要です。

また季節に合わせて洗顔料を変える事もあります。

夏は体感温度が高く紫外線を浴び肌にダメージを与えます。

そのためクールでひんやり感があり、紫外線から肌を守る、そしてケアをする洗顔が良いです。

冬は室内で暖房器具を使用したり、外出時に冷たい風にあたる事で、肌が乾燥したりしてかさつきます。

そのため保湿成分があり、水分量を高める潤い豊富な洗顔が良いです。

洗顔は体を洗うついでと考える人もいますが、毎日の生活の中で付着するホコリや汚れを落とす大切な作業です。