20後半から始めるスキンケア

いくつになっても同じスキンケア方法を行っていませんか。

学生の若いときと同じような方法では、肌の老化現象をカバーできなくなってきます。

20後半からはどんなスキンケアがいいでしょうか。

20後半からは、お肌の曲がり角といわれる時期です。人によってさまざまですが、もうすでにこの時期がすでにやってきている人もいます。

この時期から気になる悩みは、毛穴、乾燥、たるみ、シワ、くすみなどです。ひとつ老化が始まると、他もどんどん老化が連鎖のように訪れますので、老化が進まないように予防が大切です。

20後半からは乾燥が目立ってきますので、若いころのように洗顔をがんばりすぎないことです。

洗顔料はきめ細かくこしのある泡がつくれるものがおすすめです。

またすすぎ時間がかからず、すすいだ後もつっぱらずうるおいをキープできるものを選びましょう。

また、40度前後のお湯を使いやさしく洗いな流しましょう。

洗顔後は水分を保持するために、化粧水やクリームを塗りましょう。

化粧水で保湿したら、美容液でたっぷり栄養補給してあげましょう。

あまり乾燥が気になる方は、朝の洗顔料をやめるというのもひとつの方法です。

とにかく洗いすぎて肌を乾燥させないようにしましょう。

それから、ターンオーバーの周期が乱れてきて、はがれ落ちない角質が肌に滞り、くすみやニキビを作る原因になります。

古い角質や老廃物を取り除くスキンケアも必要ですが、角質も取りすぎるとトラブルの原因になりますので注意しましょう。

紫外線を防ぐことも肌にとっては重要です。UVクリームの使用や紫外線対策のアイテムをしっかり取り入れましょう。

肌の老化には乾燥が大敵なのですが、化粧品だけのケアだけではやはり絶対ではありません。

美肌の源となる女性ホルモンを分泌されるのは寝ているときです。

できれば日をまたがないうちに就寝しましょう。早寝早起きは美肌のもとです。

また栄養バランスがとれた食事を摂ることは必須ですが、ビタミンCや抗酸化物質を多く含むものを摂ることで美肌を保つ助けになります。

基礎化粧品だけに頼らず、規則正しい生活を心がけることも大切な肌ケアです。