月別アーカイブ: 2014年1月

ライスフォースについて

年齢を重ねるごとにシミやそばかす、張りや弾力がなくなってきたと感じている人は多く、人前ではすっぴんになれない、お肌が乾燥している、敏感肌で合うスキンケア商品が見つからないなどといった悩みを抱える人達も多いです。

お肌トラブルが多いと気分も落ち込みますし、実年齢よりも老けてみられがちです。

そんな人達にはライスフォースの美容液がお勧めです。

ライスフォースは結婚式場などの高級ホテルのスパでも使用されていますし、メイクアップアーティストなどの美容のプロの人達からも絶大な支持を受けています。

また海外の多くの有名セレブ達も使用していて、注目を集めている人気のスキンケア商品です。

その人気の秘密は100%お米の成分からできたライスパワーエキスにあります。

このエキスはセラミドの増加を促し、お肌が元々持っている水分保持力を改善させるため、保湿力がアップし潤いのあるお肌作りを手助けしてくれます。

しかもその保湿力は長時間持続しますから、朝つけて夕方になっても潤いはキープされています。

このライスパワーエキスの力はコラーゲンやヒアルロン酸の2倍以上になります。

それから、メラニンの生成を抑制してくれますので、シミやそばかすの予防になり、美白効果も期待できます。

この2つの相乗効果でお肌を乾燥から守り、潤いそして美白へと導いてくれます。

またお米という天然素材を使用し、お肌への優しさにこだわって製造されていますから安心、安全で敏感肌の人でも使用できます。

低価格でお試しできるトライアルセットも販売されていますので、ぜひ1度試してみることをお勧めします。

万が一、このトライアルセットを使用してみて満足できなかった場合には、使用後でも返品可能なのも嬉しいです。

またトライアルセット注文時は送料と支払い手数料も無料になります。

そして注文時には丁寧なカウンセリングを行ってくれますので、1人1人のお肌に合わせて商品を選べるようになっています。

30代後半の女性向きの化粧品について

一般的に言って、女性の肌は40歳前後から老化現象が表面化します。

シワやシミ、毛穴の開きなどが徐々に気になり始めるのが30代後半です。

20代の頃には想像することもできなかったようなお肌の変化が顕著に現れ始めますから、慌ててケアし始める人が多いです。

そのような皮膚の衰えは一朝一夕に作り上げられるものではありませんので、20代のうちからしっかりとお肌の手入れをして、皮膚の老化を遅らせる手立てをしておくのが一番有効なのですが、お肌がツヤツヤしている時には、肌の老化を実感することができませんから、ついついお手入れの手を抜いてしまいがちになる人が多いでしょう。

そのツケが30代後半になると一気に襲いかかってきます。

若い頃にお肌のケアを怠っていた人ほど、老化現象は早く現れ、症状も深刻なものになるのが普通です。

でも、もう手遅れだからと諦めてしまっては、ますます皮膚の老化を増長させてしまうことになりますので、年齢肌に合った基礎化粧品を用いて適切なケアをすることが欠かせません。

まだそれほどお肌の変化が顕著ではない人も、30代後半のお肌のケアをしっかりとするかしないかによって、その後の老化現象の現れ方に大きな違いが生じますので、「私はまだ大丈夫」などと過信せずに、肌質に合った化粧品を選んで、しっかりとお手入れすることが必要です。 

30代後半くらいの年齢になってくると、たとえまだ目立つシミやシワが発生していなかったとしても、お肌の乾燥を感じる人が増えてくると思います。

また、それに伴って、お肌が敏感になったと感じるケースも多いのではないでしょうか。

お肌が敏感になって乾燥しやすくなってしまうのが、この年代の肌変化の特徴なのですが、乾燥を放置しておくと、それがシワの原因になりますので、高い保湿性能を有する化粧品を使ってケアすることが大切です。

ただし、先程も言いましたが、この時期にはお肌が敏感肌に変わってしまう人が多いので、肌への負担が少ない天然成分100%の化粧品を選ぶことをおすすめします。

性別や年代に合わせた洗顔選び

洗顔を変えれば肌質も変わると言いますが、洗顔選びはツルツルの肌を目指すには大切な事です。

また性別や年代によって、合う洗顔料と言うのがあるので、肌に最適な物をそれぞれを考慮して選ぶ必要があります。

まず男性用女性用の洗顔料の効能は異なります。

男性は皮脂が多量に出るので、皮脂を落としたり押さえるための効能が入っています。

また男性は30代40代と年齢があがるにつれ、テカリも気になります。

テカリや毛穴の汚れもプラスされた洗顔料を選ぶと最適です。

女性の場合は若い世代は弱酸性など肌に優しい洗顔選びで良いですが、20代30代と年齢が上がるにつれ、カサツキや吹き出物、ハリが無くなるなど、肌の状態が変化するため、肌改善を行う洗顔を選ぶ事が大切です。

また肌に潤いが無くなると皮膚トラブルが増える事から、潤いをキープした洗顔も良いです。

ネットサイトなどに掲載されている口コミ人気ランキングでは、泥を使った洗顔や火山灰を利用した洗顔も人気があります。

泥や火山灰を原料に使用しており、毛穴に詰まったホコリや汚れを浮かせて取り除きます。

泡をモコモコと大きく泡立てるのが特徴で、肌に優しくのせるので擦りつける事無く洗えます。

またどちらも美白効果があり、洗顔を持続して行うと色が白くなります。

その他にもコラーゲン入り洗顔やノンシリコンの洗顔、無添加洗顔・固形洗顔など豊富にあるので、肌に合わせた洗顔選びが重要です。

また季節に合わせて洗顔料を変える事もあります。

夏は体感温度が高く紫外線を浴び肌にダメージを与えます。

そのためクールでひんやり感があり、紫外線から肌を守る、そしてケアをする洗顔が良いです。

冬は室内で暖房器具を使用したり、外出時に冷たい風にあたる事で、肌が乾燥したりしてかさつきます。

そのため保湿成分があり、水分量を高める潤い豊富な洗顔が良いです。

洗顔は体を洗うついでと考える人もいますが、毎日の生活の中で付着するホコリや汚れを落とす大切な作業です。

化粧水の売り上げランキングから見えること

通販サイトなどで売れ行きの好調な化粧水ランキングや、コスメサイトの人気化粧水のランキングなどを定期的に観測してみると、化粧水の人気にも一定の流行があることがわかります。

これらの人気の種類を大きく分けると、紫外線対策やホワイトニングなど、肌の色に対する流行と、保水対策など肌の質感に対する世間の興味の変遷、そして、薬用成分などの人気の移り変わりが反映されています。

例えば、90年代のように日焼けした肌が受けていた時代には、現在のような美白効果に対するニーズはそれほど高くありませんでした。

しかし、現在では化粧水のホワイトニング効果は半ば必須のものとして求められています。

このように、時代の流行によって、化粧水の機能に求められるものも大きく変わって来ています。

肌年齢という考え方も、現在では広く受け入れられており、年齢に応じて肌の機能回復を補うようなさまざまな有効成分に対して、興味が高まっています。

昔は単に肌の保水を促す程度の役割しか期待されていなかった化粧水ですが、現在ではさまざまな薬用成分など、より複雑で高度な機能性を求められています。

そのため、さまざまな薬用成分が次々に投入されています。

古くはビタミン入の化粧水が人気を博し、最近ではコラーゲンやプラセンタなど、より高機能な薬効をうたった成分が次々と商品化されています。

この結果、肌の保水という本来の機能に関しては最早当たり前のこととなっており、それだけでは差別化が出来なくなってきたため、より多くの付加価値を商品に追加するべく、さらなる研究開発が進むという循環が起きています。

これは消費者にとっては歓迎されるべき状況ですが、企業側からすると、基礎化粧品である化粧水にもより多くの価値を求められるため、一層の企業努力が必要となり、なかなか大変な状況と言えるかもしれません。

顧客の立場で商品を選ぶ場合には、信頼出来るランキングデータもさらに強く求められるようになってきています。